監視システム構築/販売/工事のことなら「アイティーエス秋葉原・名古屋

Google

サイト内検索












駐車中でも録画できる
バッテリー上がりの心配なし
2台連結でバックアップ容量が2倍

ベセトジャパン(BESETO JAPAN)
UPS500
ドライブレコーダ用バックアップバッテリー

標準小売価格 オープン


 ネット特価 30,000円(税別)
 購入数  
●駐車中の監視が可能
ドライブレコーダーは通常シガーソケットから電力を供給するので、エンジンを停止
すると電力が切れ、録画も停止します。そこでこのUPS500を使用すると、
エンジンを切っても電力が充電バッテリーに途切れることなく切替わるので、
駐車中でもドライブレコーダーが動き続けます。
●アイドリングストップ機能車も安心
燃費対策のアイドリングストップ車の場合、信号待ちなどでアイドリングが停止した
時、エンジンが再スタートする際、車両の電力を大きく使用するため一瞬車両の
バッテリー電圧が下がる場合があります。ドライブレコーダーは一瞬でも電圧が
下がると電源が切れる可能性があり、電圧が復帰し、再度録画がスタートするまで
約10秒掛かります。エンジン再スタート直後の動画が撮れていないトラブルの大半が
この原因によるものです。UPS500はこのような事例でも安定した電力供給を実現
します。
●車外での活用
バックアップ電源機能に付き、ドライブレコーダー機能の他に駐車スペースでの
監視カメラやガレージでの防犯カメラとしても最適なツールになります。
●バックアップ容量
下記の表に記載されている駆動時間は満充電からのバックアップ時間です。
これはドライブレコーダによって大きく変化します。例えば、前後2カメ装備の
ドライブレコーダーを使用するとさらにバックアップ時間が短くなります。
●連結バッテリー容量増量
さらにバックアップ時間を延ばしたい方のために連結機能があります。
同じ機種同士で接続すると容量が2倍になります。
※UPS500とUPS300、UPS500とUPS400の連結はできません。下記図を参照
●UPS400/UPS500とドライブレコーダーとの接続
●UPS400/UPS500と車両との接続
●安全重視の保護回路システム
バッテリーは大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載しております。
充電時間は多少長くなりますが、安全性を考慮した設計になります。
また、バッテリー自体にトラブルが起きないよう保護回路を内蔵しております。
●充電 / 放電の流れ
エンジン稼働中や走行中は車両シガーソケットから電力を供給して充電を行い
ます。エンジンが切れると車両シガーソケットからは電力が切れます。
これを瞬時に感知して内蔵バッテリーから電力をスムーズに供給します。
●ドライブレコーダーの駐車録画モードについて
他社製のドライブレコーダーの多くは、駐車モードにする際シガーソケットでの車両
接続ではなく、車両のバッテリーに直接接続する直結ケーブルを使用して、ある程度
車両取付工事が必要になる接続方法ですが、このUPS500はシガーソケットで行う
ため、どなたでも簡単に設置接続が可能です。
●本体 ●シガーケーブル ●連結ケーブル ●取扱説明書
※ドライブレコーダー本体/ドライブレコーダーとの接続ケーブルは付属しません。

Copyright (C) 株式会社 アイ・ティー・エス All Rights Reserved.